三菱自動車は27日、いずれも軽乗用車の「eK」やOEM(相手先ブランドによる生産)供給した日産自動車の「ROOX」と「DAYZ」など4車種計30万2097台(2019年3月~21年3月製造)のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。
 国交省によると、4車種はエンジン制御プログラムの不具合で急ブレーキの利きが遅れる可能性がある。4車種のうち、ROOXと「eK SPACE」の計2万3255台(20年3~5月製造)は、バッテリーのアースの取り付けが不適切で、アイドリングストップ後に再始動や停止ができなくなったり、発火したりする恐れもある。 

(ニュース提供元:時事通信社)