東京都は27日、新型コロナウイルスのモニタリング会議を開いた。専門家は、より感染力が強いとされるインド型変異ウイルスが急速に広がり、主流となる恐れがあると指摘。新規感染者が急増する可能性が高いとして、「人流の増加を徹底して抑えていく重要な局面だ」と訴えた。
 都内の新規感染者数は減少傾向にあるものの、大型連休以降、繁華街の人出は増え続けている。現在は新規感染者のうち「N501Y」英国型変異ウイルスが約8割と主流だが、24日に都内で「L452R」インド型のクラスター(感染者集団)が初めて確認され、直近1週間で6人が感染したことが報告された。 
〔写真説明〕東京都の新型コロナウイルスモニタリング会議に臨む小池百合子知事=27日午後、都庁

(ニュース提供元:時事通信社)