【シドニー時事】オーストラリア政府は28日、同国産の大麦に対して中国が導入した高率関税をめぐり、世界貿易機関(WTO)に対して裁判の一審に相当する紛争処理小委員会(パネル)の設置を要請すると発表した。
 豪州は昨年12月、同国産大麦の輸入に約80%の関税を上乗せした中国をWTOに提訴。豪州産が不当に安く売られていると主張する中国と2国間で協議したが、解決できなかった。テハン貿易相らは声明で「この問題の解決に向けて中国とさらに協議する余地がある」と強調した。 

(ニュース提供元:時事通信社)