加藤勝信官房長官は31日の記者会見で、ベトナムで発見された新型コロナウイルスの新たな変異株について「現時点でわが国において感染者は確認されていない」と明らかにした。その上で「各国政府や世界保健機関(WHO)などと連携し、情報収集・評価・分析を進めたい」と強調した。
 英情報機関が新型コロナの起源をめぐり、中国の武漢ウイルス研究所から流出した可能性があると考えているとの英紙報道に関しては、「調査を徹底して行うことが、発生源の解明などにもつながり、大変大事だ」と指摘。米英など国際社会と連携して対応する考えを示した。 
〔写真説明〕記者会見する加藤勝信官房長官=31日午前、首相官邸

(ニュース提供元:時事通信社)