加藤勝信官房長官は31日の記者会見で、企業の産業医による新型コロナウイルスワクチンの職域接種を進める方針を改めて示した。加藤氏は「一日も早く、より多くの国民の皆さんにワクチン接種が行えるよう、職場や大学における接種についても早急に検討を進めていく」と述べた。
 また、加藤氏は健康保険組合連合会(健保連)の佐野雅宏副会長と首相官邸で面会し、職域接種への協力を求めた。面会後、佐野氏は「企業との連携を前提に少しでも協力をしていきたい」と記者団に語った。 

(ニュース提供元:時事通信社)