新型コロナウイルスワクチンの接種について、厚生労働省の検討会は31日、臨床検査技師と救急救命士がワクチンを接種することを条件付きで容認する方針を了承した。薬剤師らも接種後の経過観察などを担うことで、効率的なワクチン接種体制を目指す。
 臨床検査技師と救急救命士は日常業務で採血や注射を行っている。検討会は、自治体が集団接種に必要な医師や看護師を集めるのが難しい場合、必要な研修を受けるなどすれば、検査技師らがワクチン接種を担当しても違法にならないと判断した。
 一方、薬剤師や診療放射線技師、臨床工学技士は、それぞれの専門的知識を生かし、注射器への薬剤の準備や経過観察などを担うと位置付けた。
 法律上、ワクチンを接種できるのは、医師または指示を受けた看護師に限られるが、一部の自治体で医師らの確保が難航。厚労省は4月、歯科医師にも一定の条件下でのワクチン接種を認めていた。 

(ニュース提供元:時事通信社)