加藤勝信官房長官は1日の記者会見で、世界保健機関(WHO)が新型コロナウイルス変異株の呼び方について、ギリシャ文字のアルファベットを使用すると発表したことを受け、日本政府も同様に対応する考えを示した。
 英国型やインドの変異株を挙げ、「今後は『アルファ株』『デルタ株』などの呼称を用いることとし、順次、新しい呼称に切り替えていきたい」と述べた。 

(ニュース提供元:時事通信社)