日本商工会議所の三村明夫会頭は2日の記者会見で、中小企業での新型コロナウイルスワクチンの職場接種について、「一番大きな問題は医療資源(の確保)だ」と述べ、医師やワクチンの打ち手の確保が課題になるとの認識を示した。
 三村氏は「できることは何でもやりたい」と政府の職場接種方針に協力する姿勢を強調。ただ、全国の商工会議所や多くの中小企業は専任の産業医を抱えていないため、高齢者の優先接種と競合する恐れがあるとの認識を示した。三村氏は自治体や医師会との調整には「若干時間がかかる」と語った。 

(ニュース提供元:時事通信社)