内閣サイバーセキュリティセンターは2日、富士通の情報共有システムへの不正アクセスに絡み、同センターが実施したサイバーセキュリティーに関する訓練に参加した政府や民間企業約90組織、約170人分の役職、氏名などの個人情報が流出したと発表した。
 現時点で同センターの情報システムなどへの影響はなく、不正アクセスへの警戒、監視を強化するという。今回の不正アクセスをめぐっては、これまでに政府のIT機器に関する情報が流出していたことが明らかになっている。 

(ニュース提供元:時事通信社)