【ニューデリー時事】アフガニスタン西部バドギス州で5日、バスが道路脇で起きた爆発に巻き込まれ、地元当局者によれば、女性や子供を含む11人が死亡した。爆発物を使ったテロとみられる。犯行声明は出ていない。
 首都カブールでも3日、爆発物でマイクロバスを狙った攻撃が相次いで2件発生。少なくとも8人が死亡、9人が負傷した。AFP通信によると、カブールでの事件では、過激派組織「イスラム国」(IS)が犯行を主張した。 
〔写真説明〕アフガニスタンの首都カブールで起きた爆発事件の現場=3日撮影(EPA時事)

(ニュース提供元:時事通信社)