【ワシントン時事】モナコ米司法副長官は7日、米最大級の燃料送油管会社コロニアル・パイプラインへのサイバー攻撃で、同社が支払った身代金を取り戻したと発表した。ハッカー集団「ダークサイド」の暗号資産(仮想通貨)ビットコインを差し押さえた。
 コロニアル社は440万ドル(約4億8000万円)の身代金をビットコインで支払ったことを米メディアに認めていた。司法省によると連邦捜査局(FBI)が差し押さえたのは63.7ビットコイン(時価約2億5000万円)。ビットコインの価値はサイバー攻撃のあった5月上旬から4割以上目減りしており、同副長官は「大半を取り戻した」と説明した。 

(ニュース提供元:時事通信社)