政府は8日午後、企業、大学などの単位で新型コロナウイルスワクチンの接種を行う「職域接種」の申請受け付けを開始した。実施は21日から可能で、高齢者接種が早期に終わる見込みのある自治体では前倒しもできる。選択肢を増やし、接種の加速化を図る。
 加藤勝信官房長官は8日の記者会見で「より多くの国民の皆さんに一日も早くワクチンが届くように最大限の努力をしていきたい」と強調した。首相官邸のツイッターによると、午後5時現在で「414会場の申請があった」という。
 申請した企業は、東京海上ホールディングス、損害保険ジャパン、サントリーホールディングス、日本航空、全日本空輸、JR東日本など。大学は、広島大などが申請した。
 企業などが職域接種を実施する場合、申請は首相官邸や厚生労働省のホームページにアクセスし、必要事項を入力して行う。専用入力フォームは8日午後2時ごろに公開された。 
〔写真説明〕記者会見する加藤勝信官房長官=8日午前、首相官邸

(ニュース提供元:時事通信社)