大成建設は9日、新型コロナウイルスワクチンの職域接種について、契約・派遣社員を含む同社の全社員とその家族のほか、下請けとして作業所で働く協力会社の従業員らを対象にすると発表した。接種者は約3万人と想定している。 

(ニュース提供元:時事通信社)