【コーンウォール時事】先進7カ国(G7)首脳は12日、英南西部コーンウォールで開催中の首脳会議(サミット)で、感染症危機の再発防止に向けて「あらゆる手段を講じる」と誓う文書に署名する。新型コロナウイルス対応の反省を踏まえ、将来のワクチン・治療薬の開発や認可に要する期間を今回の約3分の1の100日以内に短縮。世界保健機関(WHO)の改革と機能強化も推進する。
 議長国の英政府が11日発表した。対策にはこのほか、新たな感染症を早期に発見する監視ネットワークの構築やウイルスの遺伝子配列解析能力の強化なども盛り込まれる。 

(ニュース提供元:時事通信社)