【イスタンブール時事】トルコが支援する反体制派の勢力圏にあるシリア北西部アフリンで12日、病院などが砲撃され、在英のシリア人権監視団によると、医療関係者や民間人を含む18人が死亡した。
 砲弾は近隣のアサド政権支配地域から撃ち込まれたという。人権監視団は同政権による攻撃とみているが、トルコ当局は「クルド人テロ組織によって発射された」と主張している。 

(ニュース提供元:時事通信社)