【北京時事】中国メディアによると、湖北省十堰市の市場で13日午前6時40分(日本時間同7時40分)ごろ、ガス爆発事故が起き、14日夜までに25人の死亡が確認された。同省政府は「捜索活動は続いている」と説明しており、犠牲者がさらに増える可能性もある。13日午後の時点では12人死亡、138人負傷(うち37人重傷)と発表されていた。
 爆発当時、市場は営業しており、買い物客らも巻き込まれたもよう。付近には2階建ての建物のがれきが散乱した。事態を重視した中国指導部は、習近平国家主席が13日、救助に全力を挙げるとともに迅速な原因究明と責任追及を指示した。
 中国紙・健康時報(電子版)によると、国内では2020年に615件のガス関連事故が起き、92人が死亡、560人が負傷したという。 

(ニュース提供元:時事通信社)