米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンの接種対象が12歳以上に引き下げられたことを受け、日本小児科学会は16日、重い基礎疾患があり重症化しやすい子どもは、接種により重症化防止が期待されるとの見解を公表した。主治医と保護者の間で接種後の体調管理方法を事前に相談することが望ましいとした。
 見解では、子どもを新型コロナ感染から守るためには周囲の大人が接種を受けることが重要と指摘した。重い基礎疾患がある子どもに接する人や、学校や学習塾の職員などを例に挙げた。
 健康な子どもについては、大人への接種状況を踏まえた慎重な実施が望ましいと言及。副反応の恐れについて本人と保護者が十分に理解することを前提とした上で、かかりつけ医らによる個別接種が望ましいとした。 

(ニュース提供元:時事通信社)