政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は17日の記者会見で、緊急事態宣言解除後の感染状況について「リバウンド(感染再拡大)が起きる要素がある」との認識を示した。その上で、大規模接種センターでのワクチン接種や職域接種に加え、クラスターが発生しやすい場所にいる人や集団への接種が重要だと指摘した。
 尾身氏は「多くの人が(ワクチンを)打つと安心感は変わると思うが、だからといって全てのガードを下げるにはまだ早い。マスクもすぐに取るということではなく、しばらくの間は」と継続使用を促した。 

(ニュース提供元:時事通信社)