文部科学省は18日、大学を会場とした新型コロナウイルスのワクチン接種について、17日昼時点で174大学が政府の職域接種の申請を終えたと発表した。21日から実施するのは17大学。
 17大学は、国立の東北大、大阪大、広島大、徳島大と、公立の神戸市看護大のほか、北海道医療大、慶応大、日本大、関西大、近畿大など私立12校。
 文科省は「大学拠点接種」と位置付け、自校の学生と教職員だけでなく、近隣大学や地域住民なども対象とするよう求めている。 

(ニュース提供元:時事通信社)