河野太郎規制改革担当相は21日のNHK番組で、本格的に始まった新型コロナウイルスワクチン職域接種について「恐らく1日当たり20万回ぐらい足せる。それぐらいのペースで打っていきたい」との目標を示した。高齢者、医療従事者への1日の接種回数は「100万回まではいっていると考えていい」と語った。
 国内で現在使用されている米ファイザー製と米モデルナ製のワクチンは、遺伝物質メッセンジャーRNAを用いている。河野氏は接種によって人体に長期的な影響はないのかと問われ、「メッセンジャーRNAワクチンは体に入ると壊され、しばらくたつと体の中から排除される」と説明。「長期的な影響はないと考えてよい」と述べた。 

(ニュース提供元:時事通信社)