河野太郎規制改革担当相は22日の閣議後の記者会見で、新型コロナウイルスワクチンの職域接種について「接種会場や医療従事者を確保するために一部の費用を企業、大学が負担することは差し支えない」とした上で、「それを従業員や学生に転嫁して費用を徴収することはできない」と注意を促した。 

(ニュース提供元:時事通信社)