国内では23日、新たに1797人の新型コロナウイルス感染が確認された。重症者は前日比51人減の646人。死者は58人だった。東京都では619人の感染が判明。埼玉(108人)、千葉(131人)、神奈川(201人)各県と合わせ、1都3県で1000人を超えた。
 都内の1日当たりの感染者数が600人を上回るのは、5月28日以来で約1カ月ぶり。前週の水曜日より118人多く、感染の再拡大が懸念される。都によると、新規感染者の直近1週間平均は422.7人で前週比109.9%。都基準の重症者は前日から1人減り44人となった。
 厚生労働省によると、インドで流行する変異ウイルスは21日までの1週間で36人確認され、国内累計は13都府県計153人になった。最多は東京の43人で、神奈川29人、千葉18人、兵庫13人と続いた。検疫では14日までに計212人見つかり、7日時点から10人増えた。 
〔写真説明〕東京・新橋で飲食店街を行き交う人たち=21日、東京都港区

(ニュース提供元:時事通信社)