政府は24日、新型コロナウイルスワクチンの1日当たりの接種回数が、今月9日と15~17日に100万回を超えたと発表した。菅義偉首相が目標に掲げた1日100万回を達成した。高齢者では、少なくとも1回目を受けた人が対象の半数を超えた。
 首相官邸のホームページによると、集計はいずれも23日時点。1日当たりの接種回数は9日と15日がそれぞれ約100万回、16日が約103万回、17日が約102万回だった。 
〔写真説明〕広島大の学内接種会場でワクチン接種を待つ学生ら=21日、広島県東広島市

(ニュース提供元:時事通信社)