中日新聞社(名古屋市)は24日、同社のキャンペーン応募ウェブページを運営する会社のサーバーに不正アクセスがあり、個人情報が削除されたと発表した。最大約14万3000人の氏名や住所、電話番号など個人情報が流出した可能性があるが、実害の報告はないという。
 同社によると、流出した可能性があるのは、同社から委託を受けたランドマークス(東京都港区)が運営する中日新聞や、同社が発行する東京新聞、北陸中日新聞の「中日新聞懸賞キャンペーン」「東京ほっと大検定」などのウェブキャンペーンに応募した人の情報。23日夜、ランド社は情報が削除されていることに気付き、中日新聞に報告した。
 同社は再発防止を図るとともに、情報が流出した可能性がある人にメールで経緯を説明している。
 中日新聞の話 ご迷惑をお掛けし、心よりおわび申し上げる。 

(ニュース提供元:時事通信社)