総務省は25日、2020年国勢調査の速報値の結果、20年10月1日時点で外国人を含む日本の人口は1億2622万6568人だったと発表した。15年の前回調査から86万8177人(0.7%)減少し、1920年の調査開始以来初の減少に転じた前回に続くマイナスとなった。
 人口の減少率は前回調査の0.8%からわずかに縮小。外国人の増加や、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて一時帰国した在留邦人が多かったことが影響した。
 国連の推計によると、前回調査で世界10位だった日本の人口はメキシコに抜かれ11位に後退した。比較可能な50年以降、最高は5位で、上位10カ国から外れるのは初めてとなった。
 人口が減少したのは38道府県で、増加したのは9都府県だった。東京、埼玉、千葉、神奈川の東京圏で見ると、80万人増の3693万人と、人口全体の約3割を占め、東京一極集中が進んでいる実態を浮き彫りにした。
 都道府県別では、一番多い東京が1406万4696人、次いで神奈川924万411人、大阪884万2523人など。上位8都道府県で全国の5割超を占めた。最も少ないのは鳥取県で55万3847人だった。
 人口増加率は東京が前回を上回る4.1%と最も高く、沖縄、神奈川、埼玉、千葉、愛知、福岡、滋賀、大阪と続いた。減少率は秋田の6.2%が最も高く、33道府県で減少幅が拡大した。
 市町村別では、全体の82.4%に当たる1416自治体で人口が減り、減少幅が5%以上だった市町村は50.9%に上った。
 単身世帯の増加で世帯数は4.2%増の5571万9562世帯。1世帯当たりの人数は2.27人と過去最少を更新した。 

(ニュース提供元:時事通信社)