新型コロナウイルスに感染し、大阪市内の宿泊療養施設から行方不明になった20代の男について、大阪府警が覚せい剤取締法違反(共同所持)容疑で指名手配したことが25日、捜査関係者への取材で分かった。男は同容疑でいったん逮捕された後に感染が分かり、釈放中だった。
 府警によると、東署が18日、大阪市内の民泊施設で覚せい剤を所持したとして、この男を含む男女4人を現行犯逮捕。PCR検査で男の陽性が判明した。同署は証拠や取り調べ状況などを総合的に判断し、4人とも任意捜査に切り替えて釈放した。
 府によると、男は翌19日に宿泊療養施設となっているホテルに入所。22日朝に連絡が取れなくなったため、昼すぎに6階の部屋を看護師が確認したところ、窓がこじ開けられ姿がなかった。
 府警は釈放について「証拠や捜査状況などから適切に判断した」としている。 
〔写真説明〕

(ニュース提供元:時事通信社)