インド由来の新型コロナウイルスの変異株(デルタ株)が猛威を振るうロシアの首都モスクワで27日、過去24時間の死者が114人に上り、パンデミック(世界的大流行)が始まって以来最多となった。インタファクス通信が伝えた。
 ロシアはいち早く国産ワクチンのスプートニクVを開発・承認したが、国民の不信感が強く、接種率は2割と低水準にとどまっている。
 ソビャニン市長は26日の国営テレビで「われわれは『武漢株』に打ち勝っていた」と指摘。デルタ株を克服すべく、ワクチン接種を推し進める考えを強調した。
 第2の都市サンクトペテルブルクでは、26日に107人と過去最悪の犠牲者が確認された一方、7月2日にサッカー欧州選手権の準々決勝が行われる。AFP通信によると、今月21日には1次リーグのベルギー戦のため隣国フィンランドのサポーターが来訪し、多数の感染者が出た。 
〔写真説明〕サッカー欧州選手権のパブリックビューイング(PV)=12日、モスクワ(AFP時事)

(ニュース提供元:時事通信社)