塩野義製薬は28日、開発中の新型コロナウイルスワクチンについて、年末までに最大6000万人分の生産体制が整うとの見通しを明らかにした。3000万人分を目指してきたが、これまでの臨床試験(治験)で、1人当たりの投与量を抑えて倍の人数に接種できる可能性が出てきたという。治験で有効性の確認をさらに進める。
 同社は昨年12月から国内で第1・第2段階の治験を開始し、214例の結果の解析を進めている。今後、国内で1000例規模の追加試験を検討している。一定の有効性や安全性を確認した上で、発売後に再確認を行う条件付きで早期承認を国から受けられれば、年内にも提供が可能になる見通しだ。 

(ニュース提供元:時事通信社)