活発な梅雨前線の影響で、沖縄では29日午前、非常に激しい雨となった所があった。気象庁は午前2時50分ごろ、発達した雨雲が連なって大雨となる線状降水帯の発生を知らせる「顕著な大雨に関する情報」を発表。17日の運用開始以来初めての発表で、土砂災害や洪水に厳重な警戒を呼び掛けた。
 同庁によると、前線に湿った空気が流れ込み雨雲が発達。沖縄県名護市では午前2時45分ごろまでの1時間雨量が73.5ミリとなり、この地点の6月の観測記録を更新した。同市を含む県内の多くの地域に、土砂災害警戒情報が出された。 

(ニュース提供元:時事通信社)