政府は29日、新型コロナウイルスのワクチン接種をめぐり、「重大な健康被害につながる恐れのある間違い」が、16日時点で70件だったとする答弁書を閣議決定した。「直ちに重大な健康被害につながる可能性が低い間違い」は、15日時点で69件だった。立憲民主党の田島麻衣子氏への答弁。
 これらの内訳は「適切な間隔を空けずに2回目の接種をした」が最多の33件。次いで「他の対象者に使用した針を刺した」が23件、「空の注射器を刺した」が11件、「生理食塩水を注射した」「誤った濃度の注射液を注射した」が各8件、「3回目を接種した」が6件、「同じ人に1日2回接種した」が4件などの順だった。 

(ニュース提供元:時事通信社)