気象庁は30日、関東甲信と東海では7月1日から2日にかけて大雨になる所があるとして、土砂災害や低地の浸水、河川の増水に警戒するよう呼び掛けた。梅雨前線が停滞し、大気の状態が非常に不安定になるため、落雷や突風にも注意が必要。
 1日午後6時までの24時間予想雨量は多い所で、東海200ミリ、関東甲信180ミリ。その後、2日午後6時までの同雨量は、東海200~300ミリ、関東甲信100~200ミリ。 

(ニュース提供元:時事通信社)