静岡県熱海市伊豆山で発生した土石流について、県は4日、土砂崩落が起きた逢初川の最上流部付近に約5万立方メートルの盛り土がされていたと発表した。盛り土が大規模崩落を引き起こした可能性もあり、川勝平太知事は記者会見で「どういう目的で盛り土をしたのか、しっかりと検証する」と述べた。
 県によると、崩落した場所はもともと水の通り道になっており、2010年以前に何らかの開発行為で盛り土がされたという。
 土石流は盛り土を含む大量の土砂が、最大10メートル以上の深さにわたって崩れたことで発生。盛り土は大半が崩落し、周辺斜面などを合わせた約10万立方メートルが流れたとみられる。 
〔写真説明〕土石流の起点となった崩落現場=3日、静岡県熱海市(県提供)
〔写真説明〕土石流の起点となった静岡県熱海市の崩落現場=4日午前(県提供)
〔写真説明〕土石流の起点となった静岡県熱海市の崩落現場=4日午前(県提供)

(ニュース提供元:時事通信社)