静岡県熱海市の大規模な土石流で、同市の社会福祉協議会は5日、災害ボランティアの事前登録受け付けを始めた。今後、被災者の需要を聞き取り、正式な募集を始める。
 新型コロナウイルス感染対策のため、登録できるのは県東部地区の在住者に限定。土砂のかき出し作業などを想定しており、被害の小さい地域から活動を始めるという。
 市の社協によると、5日夕時点で約100人が事前登録したといい、担当者は「これだけの人が思いを寄せてくれてありがたい。早くボランティアが活動できる環境を整えたい」と話している。
 災害ボランティア特設サイトはhttps://shizuokavc.jp/atami。 

(ニュース提供元:時事通信社)