【シリコンバレー時事】米インターネット交流サイト最大手フェイスブック(FB)や検索最大手グーグルなどが加入するアジアインターネット連盟(AIC)は5日、香港政府に宛てた書簡を公表した。個人情報保護に関する規制の改正内容はAIC加盟企業の従業員の訴追を可能にするもので、表現の自由に対するリスクだと指摘。加盟各社が事業や投資を停止する可能性があると言及した。
 書簡は6月25日付。AICはシンガポールに本部を置きアップルやツイッター、アマゾン・ドット・コムに加え、LINEや楽天なども名を連ねている。 

(ニュース提供元:時事通信社)