気象庁は6日、梅雨前線が停滞するため、北陸から九州北部にかけての日本海側を中心に7日まで大雨に警戒するよう呼び掛けた。前線は10日ごろまで本州付近に停滞し、大雨になりやすい状態が続く見込み。
 土石流があった静岡県熱海市を含む同県伊豆地方では、引き続き土砂災害に厳重な警戒が必要。同庁の杵渕健一現業総括予報官は「雷を伴う雨や、一時的に激しい雨が降る可能性がある」と話した。気温も上昇する見込みで暑さ対策も促した。
 7日午後6時までの24時間予想雨量は多い所で、中国200ミリ、北陸と九州北部150ミリ、東海120ミリ、東北と近畿80ミリ、伊豆地方40ミリ。その後、8日午後6時までの同雨量は、中国と九州北部100~150ミリ、近畿50~100ミリ、伊豆地方50ミリ。 
〔写真説明〕気象庁が入居するビル(東京都港区)

(ニュース提供元:時事通信社)