【香港時事】香港警察は6日、爆発物を用いたテロを計画したとして、国家安全維持法(国安法)違反容疑で男女9人を逮捕したと発表した。
 発表によると、逮捕されたのは15~39歳で、香港の独立を目指す組織のメンバー。うち6人は日本の中・高校に当たる学校の生徒で、大学幹部や学校職員もいた。
 爆発物の製造場所が九竜地区で見つかっており、警察は、7月上旬に海底トンネルや鉄道、裁判所といった公共施設を攻撃する企てだったとみている。当局はまた、約60万香港ドル(約860万円)の関連資産を凍結した。 

(ニュース提供元:時事通信社)