【ワシントン時事】サキ米大統領報道官は6日、ホワイトハウスで記者会見し、来週予定されているロシアとの高官級協議で米企業などを標的としたサイバー攻撃について取り上げ、対応を要求すると述べた。
 サキ氏は攻撃を仕掛けた犯行グループの特定には至っていないとしつつも、ロシアを拠点とするハッカー集団「Rイーブル」の仕業とみられていると指摘。「ロシア政府が国内にいる犯罪者に対して対応を取らないのであれば、米政府が行動を起こすか、行動する権利を持っている」と警告した。 

(ニュース提供元:時事通信社)