【ソウル時事】朝鮮中央通信によると、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党総書記は8日の金日成主席の死去27周年に際し、主席の遺体が安置されている平壌の錦繍山太陽宮殿を党幹部と共に訪問した。公開された写真によれば、最高首脳部の政治局常務委員で、核・ミサイル開発を主導した李炳哲書記は最前列に並んでおらず、常務委員からの降格が確認された。
 6月に開催された党政治局拡大会議では、正恩氏が新型コロナウイルスの防疫対策で「責任幹部の怠慢により、国家と人民の安全に大きな危機を生む重大事件を発生させた」と叱責。責任を問われた常務委員らの人事が行われたが、詳細は伝えられていなかった。 

(ニュース提供元:時事通信社)