静岡県熱海市で起きた土石流災害で、県は8日、崩落した土砂は約5万5500立方メートルに上るとの推計を公表した。災害発生前、土石流の起点部分には少なくとも約5万4000立方メートルの盛り土があったとみられ、記者会見した難波喬司副知事は、崩落した土砂の多くは盛り土と考えられるとの見解を示した。
 県はこれまで、約10万立方メートルの土砂が崩落したと推計していた。今月5、6日に崩落地点周辺をドローンなどで上空から計測したデータと、昨年1月時点のデータを比較した結果、崩落土砂は当初推計の半分程度とみられることが分かった。 

(ニュース提供元:時事通信社)