厚生労働省は8日、雇用維持に協力した企業に支給する雇用調整助成金(雇調金)の特例措置を、現行の助成内容のまま9月末まで延長すると発表した。8月末が期限だったが、新型コロナウイルス感染再拡大で東京都への4回目の緊急事態宣言発令が決まる中、支援継続が必要と判断した。10月以降の助成内容は8月中に示す。 

(ニュース提供元:時事通信社)