【ロンドン時事】ジョンソン英首相は8日、下院で声明を発表し、アフガニスタン駐留英軍の大半が既に撤収したと明らかにした。米国も2001年の米同時テロから20年となる今年9月11日までの米軍全面撤収を発表しており、北大西洋条約機構(NATO)の一角として参加した英国も歩調を合わせた。
 首相は「状況は大きく変わった。テロリスト養成キャンプは壊滅した」と述べた。残る部隊も遅くとも9月までに全面撤収する見通しだ。
 英軍は2月時点で約750人が駐留していた。過去20年間の駐留で457人が命を落とした。 

(ニュース提供元:時事通信社)