赤羽一嘉国土交通相は9日の閣議後記者会見で、静岡県熱海市で発生した土石流に関連し、国土地理院の地形データを基に盛り土の可能性がある箇所を全国的に調査すると発表した。今後1カ月をめどに抽出を終え、関係省庁や自治体にデータを提供し、実態を点検してもらう。
 地理院が2000年ごろまでに作成した地形図と、08年以降に整備している航空レーザー測量図を比較し、標高が5メートル以上変わっている箇所を洗い出す。赤羽氏は会見で「盛り土が現在、全国のどこにどのくらいあるのか把握する作業から始める」と述べた。 

(ニュース提供元:時事通信社)