梅雨前線や上空の寒気の影響で、12日は島根、鳥取両県や秋田県など各地で大雨になり、小規模な河川の氾濫や土砂崩れ、道路の冠水、住宅の浸水が相次いだ。島根県雲南市付近では午前10時までの1時間雨量が約100ミリとの記録的短時間大雨情報が発表され、同市や同県飯南町は夕方まで全域に5段階の警戒レベルで最も高い「緊急安全確保」を発令した。秋田県由利本荘市などでは避難指示が一時出された。
 気象庁は西日本から東北では13日にかけて大気の不安定な状態が続き、大雨になる所があるとして、土砂災害や河川の氾濫、低地の浸水に厳重に警戒するよう呼び掛けた。突風や落雷にも注意が必要。
 鳥取県境港市では12日午前7時55分ごろまでの1時間に80.5ミリ、津市・笠取山では午後2時ごろまでの1時間に86.5ミリの猛烈な雨が降った。由利本荘市では午前11時半までの12時間雨量が194.0ミリに上り、いずれも各地点の最多記録を更新した。
 13日午後6時までの24時間予想雨量は多い所で、関東甲信120ミリ、東北と中国100ミリ、北陸と東海、四国80ミリ。 
〔写真説明〕大雨の影響で水しぶきを上げて走る車=7日午後、松江市

(ニュース提供元:時事通信社)