気象庁は13日、東日本に延びる梅雨前線や上空の寒気の影響で、東日本や東北地方では14日にかけて大雨になる所があると発表した。土砂災害や河川の増水、低地の浸水のほか、落雷や突風に注意が必要。
 14日午前6時までの24時間予想雨量は多い所で、東北と関東甲信、東海100ミリ、北陸80ミリ。 

(ニュース提供元:時事通信社)