気象庁は14日、西・東日本では梅雨前線や上空の寒気の影響で大気の状態が不安定になり、15日にかけて局地的に積乱雲が発達して大雨になる所があると発表した。土砂災害や低地の浸水、河川の増水に警戒し、落雷や突風、ひょうに注意する必要がある。
 関東甲信や東海、近畿、中国、九州北部では、15日午前6時までの24時間雨量が多い所で100ミリと予想される。 

(ニュース提供元:時事通信社)