関東や東海、近畿では15日未明から朝にかけ、上空の寒気などの影響で激しい雨が降る所があった。気象庁は東・西日本と東北では16日にかけて大気の不安定な状態が続き、大雨になる所があるとして、土砂災害や低地の浸水、河川の増水に警戒するよう呼び掛けた。突風や落雷、ひょうにも注意が必要。
 埼玉県所沢市では15日午前3時半ごろまでの1時間に48.5ミリの激しい雨が降った。名古屋市では午前5時20分ごろまでの1時間に30.5ミリ、大阪市では午前6時ごろまでの1時間に32.5ミリを観測した。
 16日午前6時までの24時間予想雨量は、東海と近畿、中国、四国、九州北部の多い所で100ミリ、関東甲信80ミリ、東北60ミリ。 

(ニュース提供元:時事通信社)