【台北時事】半導体受託製造で世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)の魏哲家最高経営責任者(CEO)は15日、日本での半導体生産の可能性を示唆した。半導体の供給不足や米中対立を背景に、半導体サプライチェーン(供給網)の見直しが世界的な課題になる中、顧客が多く集まる日本への配慮を示した格好だ。
 台湾メディアの報道によると、魏CEOは同日の決算説明会で、日本での半導体生産について「可能性を排除しない」と述べた。 

(ニュース提供元:時事通信社)