【ベルリン時事】ドイツ西部やベルギーなどで発生した大規模な洪水で、16日昼(日本時間夜)までに死者は120人を超えた。独ボン近郊のアールワイラー郡では携帯電話が通じず、約1300人と連絡が取れない状態となっている。
 死者の内訳は、独ラインラント・プファルツ、ノルトライン・ウェストファーレン両州で103人。また、ベルギーのメディアによると、同国での死者は23人となった。訪米中のメルケル独首相は15日のバイデン米大統領との会談後、「豪雨や浸水という言葉では足りない、大災害だ」と語り、被災者への支援を約束した。 
〔写真説明〕15日、ドイツ西部ラインラント・プファルツ州で、洪水で流された木やがれき(AFP時事)
〔写真説明〕16日、ドイツ西部アールワイラー郡で、洪水で積み重なった車(EPA時事)

(ニュース提供元:時事通信社)