佐賀市は16日、市内の医療機関で、新型コロナウイルスワクチンの保管方法に誤りがあり、1680回分を廃棄すると発表した。本来再冷凍してはいけないワクチンを超低温冷凍庫(ディープフリーザー)に保管したためという。
 市によると、この医療機関は5~15日、3回に分けて佐賀県医師会などからクーラーボックスに入ったワクチンを受け取った。本来は冷蔵庫で保管しなければならないが、職員がディープフリーザーに入れた。
 市は「貴重なワクチンを無駄にし、大変申し訳なく思っている」と謝罪した。 

(ニュース提供元:時事通信社)