四国や九州では17日、上空の寒気などの影響で大気の状態が不安定になり、大雨になる所があった。気象庁は18日にかけ、土砂災害や低地の浸水、河川の増水に警戒し、落雷や突風に注意するよう呼び掛けた。
 一方、宮城、新潟、石川、京都、鳥取各府県では熱中症警戒アラートが発表された。他地域でも厳しい暑さになる所がある見込み。
 高知県土佐清水市では17日午前3時半ごろまでの1時間に80.0ミリの猛烈な雨が降った。宮崎県延岡市では午前6時半ごろまでの1時間雨量が68.0ミリを観測した。
 18日午前6時までの24時間雨量は多い所で、四国250ミリ、九州200ミリと予想される。 

(ニュース提供元:時事通信社)